トイプードル ミゲルの発育手帖

わんこが家にやってくる1週間まえからの日々の記録です。わんこは無事に家に到着しました。

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

photo by スポンサードリンク

初めての抜け歯(ガム大活躍)


ミゲル「た、たまらんわん」


ミゲルの口の中を無理やりみてみると、
乳歯のような永久歯のような歯がちらほらと・・・。


でも、一度もミゲルの歯が落ちているところを見たことがありません。


この間、ミゲルをつれてペットショップにいったところ、
「小さいわんこに、いいですよ」
と細長い棒状のガムをすすめられました。(写真参考)

何の気なしに買って、何の気なしにミゲルにあげてみると、




一気に3本、歯が抜けました!!!!!


あれれれれ?

これまで抜けてなかったのかなぁ・・・?

photo by miguel

初めての歯磨き


ミゲル「なんだか美味しい気がする」



完全に遅すぎるスタートだと思いますけど、
歯磨きをはじめました。
今までは、ガーゼを水にひたして、指でこすっていたんですけど
ちゃんと磨けているのかイマイチ分からず。。。

この間、他のワンコがおすわりして、
すごくいい子にして歯磨きしてもらっているのを見て、
「頑張らなければ!」と決意しました。

さっそく歯ブラシと歯磨き粉のセットを購入。
「獣医さんも推奨 どなたでも簡単にはじめられます。」
とのキャッチコピーにつられ、
TOKYO PET デンタルクリーンを選びました。

「だれにでも出来る!」
こんなセリフに弱い私ですが、
それは、
歯磨き粉にペット(ワンコ&にゃんこ用です)の
好きな匂いが味付けがしてあるからのようです。

初めに手に歯磨き粉をつけてワンコに味を覚えさせ、
次に歯ブラシにつけて、本番。

と、ところが。
ミゲル、歯ブラシを思いっきり舐めるので、
まったく歯ブラシを動かせません(泣)。

ミゲルの場合、味付けが裏目にでているような。。。



ところで、明日から働きにでることになりました。
慣れるまでは、週末のみの更新になるかもしれませんが、
みなさまのところへ徘徊には参りますので
よろしくお願いします〜 m(*- -*)m miguel





「ソーセージ、ぷり〜ず!」


今日のドッグカフェでは、
ミゲル、おすわりしてとってもいい子ですごしました。
(おいしい無添加ソーセージちょうだい効果です)

photo by miguel

初めてのドッグラン


やっぱり一番ちびすけのミゲルです


ドッグランへ行ってきました。
近くにあるドッグランを調べてみると、
大型犬・小型犬で分かれているのは、
昭和記念公園ということがわかり、そこへ。



入り口で簡単なアンケートに答えて、
入ってみると、きれいに整備されていて、
アジリティの障害もあり、とっても楽しそうです。
(もちろん、ミゲルはどの障害もまったくできませんでした、笑)


ミゲルにとって、ノーリードというのは初めての経験。


大海原を見渡すミゲル





他のワンコと一緒に遊べるのかなぁと心配していると、
ワンちゃんがミゲルを誘いにきてくれました。



ミゲル、変な顔してますけど、これ、大はしゃぎです。



だんだんワンコの頭数も増えてきて、
一番上の写真のように大勢で遊び回ってました。
でも、ミゲルはそろそろ6ヶ月というのに、
だんとつの小さい体です。
でも、小さい体をものともしないで、
ワンコ集団に向かっていく姿に、じ〜ん(親ばか)。
気が付けば、一度も、吠えたり鳴いたりしていませんでした。



最後は、お水をがぶがぶ飲んで、
とっても満喫した表情でした。
連れて行ってよかったです〜。




photo by miguel

初めての海


海に入ってこれまでにないほどごきげんになったミゲル



葛西臨海公園へ行ってきました。
ミゲルはまだちびですが、
昔の水中回収犬(かつて水に落ちた猟の獲物を取る役目だったとか)
のプードルどしてのDNAが騒いたのか、
自分からじゃぶじゃぶ海の中に。
波がよせてはひく様子がたまらなく嬉しいようです。




葛西臨海公園の様子はこんな感じ。
芝生の緑と海に光る太陽と空の青がとてもきれいでした。
風がきもちいい!




また、葛西臨海公園には
コンペで10人のライバルから勝ち取って
ニューヨーク近代美術館(MOMA)リニューアルの設計をした
(すごい快挙ですよね!)
建築家水口吉生さんの建築物が複数あります。
こちらのページで、代表的な作品を美しいFLASHで見ることができます。

有名なのは水族園ですが、特に展望レストハウスは
空が一番青くて緑が濃い今の季節に見るのが一番美しいと感じました。


photo by miguel

初めてのホテル



今回の旅で、ミゲルを10日間ペットホテルに預けました。
ワンコにとっての10日間はきっと長い・・・
再会した時、忘れられているんじゃないか、とか
家に帰りたくない、とか言われたらどうしよう、と思ったりしました。

でも、10日ぶりに会うと、しっぽふりふり!
「とっても頭のいいコですね!ぜんぜん鳴きませんでしたよ。」とのことです。

そして、10日の間になんとミゲル成長していました!!!



<ミゲルのバージョンアップ点>

1.やっぱりどことなく、大きくなりました。(もっと大きくなぁれ〜)


2.なんと、お散歩でスタコラ歩くように!
   
(お店の人が、歩かないミゲルをみて、環境の変化かな?と、なんとかお散歩につれいってくれたのでしょうか。。。
実はミゲル、いつもびびって、まったく歩いたことなかったんですけど。笑)


3.技のキレ(コマンド)がすばらしく良くなった。

(コマンド、例えばオスワリを言うと、なぜか急に
マッハの速度でバシィィ、と決めるようになりました。
おすわり、フセ、ハウスの連続技も、
しゃき、しゃき、しゃきっと決めてくれます。
自衛隊へ入隊してたの?)



ここまでだと、とてもいいことだらけのようなんですが、
とてつもない<バージョンダウン>がありました・・・。

それは次回のお話、でーす。

photo by miguel

初めてのマウンティング


大人の階段を一歩のぼったミゲル
(注:マウンティング実施時のショットではありません)



ミゲルが初めてのマウンティングをしました。
まだまだ赤ちゃんだと思っていたので、
最初、何がなにやらわらず。。。
”マウンティング”という名前付けから、
メスのワンコの上にのっかるだけかと思ってたんですが、

こ、腰もしっかりふるんですね。
しかも、相手は私のスネ!!!

ショ、ショック!
ココロの準備も知識もなかったので、
もう、復活できない程のダメージが。

精神的なダメージをかかえてよろよろしつつも、
ネットで、マウンティングについてしらべたら、
こんな記事が。
(マウンティング自体は健康な証拠だということです)


ミゲルの、序列をつけたい、という下克上精神の表れだと。












Σ( ̄ロ ̄lll)  な、なんと!!!




私、何もわからず、
とりあえず立ち上がる姿勢は腰にわるいから、
と前足を持ってあげたりしてました





_| ̄|○ilili






ば、バカな私。。。

おもわず、ぺしっとミゲルのあたまを叩き(そうになり)ました。




ミゲル、まだ4ヶ月と4日しか生きていません。
まだ、トイレも満足に覚えていません。
お友達とも楽しく遊べません。
な、なのに・・・





きっさま〜、

100年早いんじゃ〜!!!!!






(家族に対するマウンティングは決して許してはいけないもので、
断固とした「家族中でその場から立ち去って無視する」などの対処が必要とのことです。
私も、てぐすねひいてミゲルへの躾(復讐)をしようかと待ってましたが、
その後1日過ぎても、まったく気配がありません。
???
なんだったんだろう。。。)

photo by miguel

初めてのパピーパーティ


いくじなし、ということが判明したミゲル


パピーパーティに行ってきました。
行って本当によかったです。
ミゲルはお散歩の時、
大型犬にも尻尾を振りながらよっていくので
社会性の欠如の心配はあまりしていなかったのですが、


もっと早く行き始めるべきでした!!!


”パピーパーティはどんなことをするの?”と
本やWebで情報を集めてみました。
しかし、子犬同士の触れ合いを図る、という漠然とした表記が多く
いまいちイメージがつかみにくかったのですが、
今回参加してみて、なるほど!よく分かりました。
それぞれのパピーパーティでいろいろ具体的な内容は異なると思いますけれども、
ミゲルがお世話になったパーティについて少し書きたいと思います。



参加対照:生後6ヶ月までのワンコ
必要なもの:ワクチン接種済の証明書(お医者さんが接種時にくれるものです)

そして内容は・・・

わんこに設定された目標は、
「子犬同士で、追いかけっことっくみあいごっこなど、
他のわんこと自由に遊ぶ」
です。

自由に遊ぶ、といっても安全第一で、
しっかりトレーナーさんの管理下に置かれた環境になります。

まず、
,修譴召譴離錺鵐海砲箸辰討呂犬瓩討両貊蠅覆里如
一頭づつ床におろして探検をさせる。
そして
慣れたところで、はじめの一頭、2頭目、3頭目、というように
だいたい4頭ぐらいをめどに床におろして
自由に遊ばせる。

(出番ではないワンコは飼い主さんの膝の上であお向け(!)になっています)

△罵靴个擦觝櫃法△匹離錺鵐各瓜里砲垢襪、というところが
トレーナーさんの腕の見せ所のようです。
,了間で、そのワンコの性格、現在の心理状況などをインプットして
ワンコ同士がケンカになって怪我をしないように管理します。


ミゲルの探検の時間は、

歩き回りませんでした(´Д`;)
探検にならないじゃん〜。

そして、△了間にミゲルと一緒に遊んだワンコは、
多頭飼いをしていらっしゃるお家の2頭目のワンコで、
お兄さんプードルがいないと不安になるらしく
これまた飼い主さんの足元から離れられない、という
トイプードルの女の子でした。

こんな2匹ですから、
とっくみあいをするどころか、
二人の距離は3M!
たぶん、お互いの存在も気付いていないような・・・。
そこで時間終了。


ミゲルへの、トレーナーさんのコメントは、
ミゲルは、まず場所に対して安心できていない、とのことです。
なので、犬が本能的にやすらぐふさがれた空間のイスのしたや壁際から離れないと。。。

ですので、ミゲルの今回のトレーニングは、
私が離れたところへ行ってミゲルを呼んで
ミゲルをイスから会場の真ん中を横断させる、ということでした。

これがなかなか出来ません。
出来た時には、会場から賞賛の声が。(皆さんとてもやさしいです)

でも、壁のない空間を通る、ということは、
ミゲルはとてつもない勇気を振り絞っている、とのことでした。
今回の参加犬で一番精神的に疲れるのは、
こういったワンコだということです。

最後は参加者が参加したワンコにおやつをあたえっこして
ワンコが嬉しい気分になって閉会です。

ミゲル、このままじゃ、いけません。(´Д`;)
また、すぐ参加したいと思います。



よそいきカラーで参加しました
茶色いミゲルに茶色でコーディネィトです



肝心のリードを忘れてその場で購入した思い出になる(?)リードです
グレーに見えますが、これも茶色地でーす
photo by miguel

初めてのトリミング




ミゲルは今日、初めてのトリミングにいってきました。
ちょっと時期が早いのかな、と思っていたのですが、
前回混合ワクチン時に、お医者さんから
「まだ好奇心旺盛な時期に、トリミングに行って
ハサミに慣れておくといいですよ。」
とのアドバイスいただきました。
初めてのカットは、
ハサミ&トリマーさんに慣れること、
を目的に設定。
とりあえずスタイルは二の次で。

ですので、ちびミゲルの体のこと第一に気遣ってくれそうな、
という観点から、
お世話になっている病院へトリミングをお願いしました。


五分刈りでもいい、慣れてくれさえいれば、
と思っていましたが、
それでも、やっぱりどんな姿になるのか楽しみ!
ぼっさぼっさミゲルを預けて
2時間後、わくわくしながら迎えにいくと
出てきたミゲルは
      ・
      ・
      ・
      ・
      ・



り、リボン!

し、七五三??????
ミゲルには悪いなと思ったのですが、
会うなり大笑い!
花柄ベットを辞退したミゲルが、リボンをつけられてます。

でも、毛がフサフサ、さらさらでかっわいい〜。
なでても気持ちがいい〜。


トイプードルの毛はこう見えて、非常に抜けにくいんです。
ミゲルの毛が落ちていることはほとんどありません。
なので、家族にアレルギー体質の人がいても飼えると本で読みました。
ただ、毛がどんどん伸びるので、カットが欠かせないそうです。
そして、カット代は、私より高い!
と思っていたのですが、今回は4200円でした。
この地域の相場の半分強の価格です。
しかも、皮膚の一部に乾燥していたところがあった、とのことで
「薬浴しておきました」とお医者さんのコメント。
白くかさぶたになっていたところかなぁ。
でも、診ていただいたようで、安心です。
こちらで切っていただいてよかったです。


また、
トイプードルは、カットでがらりと印象が変わりますが、
赤ちゃんの時は、テディベアカットにしていようかと考えています。

ミゲル「お兄ちゃんになったら、こんなカットにしてほしいな〜。
クール!っていわれたいぜ。」


       雑誌で見た瞬間一目ぼれです
photo by miguel

初めてのお散歩


びびってすぐにバックに戻っていたミゲル



公園まで連れて行って、4日目、
ようやくミゲルが歩きました。


これまで、自転車にはごきげんで乗りますが、
いざ歩こうとすると、地面にも降りようとしません。



ですが、4日目(!)にしてようやく慣れたのか、
ちょっと周囲が気になりだしました。



そして、ミゲルの視点まで腰をおろして、
離れたところから
「こっちおいで〜」
と呼ぶと、いそいそとやってきます。
それを繰り返して、なんとか歩くように。


でも、まだかなりリードにひっぱられています。


ところが、そんな膠着(?)状態にも転機が!


偶然とおったこの階段は
1段がミゲル体高の半分もあります。
ぴょーん
と段を上がったので
思わず大きく褒めたら
調子にのってどんどん登り始めました。





そして、その後は
「だっこ〜」も、「バックに入る〜」もしなくなりました。
(ほんとにちびっこです(;´Д`A ```)

ほめるってすごい威力です!




photo by miguel

初めての病院

昨日、ミゲルは家にきて初めて病院へ行って来ました。
3回目の混合ワクチン&フィラリア予防です。
ミゲルは一体どんな反応をするんでしょうか?
興味深々です。

病院までの道中は、車の中で
クレートに入って遊びながら無事着きました。
→OK。

病院に入って、薬品の独特な匂いがちょっと強めですが、無反応。
にゃんこは大暴れしていますが、その横ですずしい顔。
→OK?

いざ、診察台へ。
動物病院の診察台に、わたしがビックリしながらも、
ミゲルを台に乗せると、
看護婦さんに尻尾フリフリ!!
人見知りはしないのかー! 
→OK???


そして、いよいよ注射!!!
お医者さまの指示は、

「注射をして、騒ぎ出したらその場は何もないフリをして、
終わった瞬間にめちゃくちゃ誉めてあげてください。」

とのことです。
ミゲルを誉めるのは私にしかできない!
さぁ、ばっちこーい。


今、針がお尻(背中?)にプスっと入ります。

泣くか?


泣くか?


泣くのか?



し、静かすぎる空気。
ミゲル、「ほぇ?」
という顔でこっちをみてます。



     ・
     ・
     ・
長い10秒が経過
     ・
     ・
     ・

お医者「・・・よしっ、おわったねぇ〜大丈夫だったね!」


私「ミゲル、いい子だったねぇ〜!すごいねぇ〜!すごすぎ〜!!」





ミゲル「・・・ほぇっ、ふぇ、ひひひひひひ 
ひゃわぁぁぁぁぁんんん!!!
わぉぉぉぉん!わほぉぉぉぉん!(以下略)」



w( ̄▽ ̄;)|||


に、鈍いだけっすか?
そして、その泣き声なんですか?

お医者さまの話では、後からしみてくるそうです。

photo by miguel

blog information

>> Latest Photos
>> Recent Comments
>> Recent Trackback
>> Links
1 / 2 >>


好評記事
PROFILE ミゲル/miguel
miguel
 -犬-
name: ミゲル
birthday: 2005.3.20
color: ブラウン
weight: 1.28kg
がつがつ食べるよ!
ぴょんぴょん走るよ!
ぐうぐう寝るよ!
 -人-
ワンコの来る日を待ちわびてました。でれでれです。
ミゲルのボス(候補)として日々精進しています。


ご連絡はこちらmiguel_hyper@hotmail.co.jp
まで〜

このblogはリンクフリーです。
なんとやっちんさん
バナーを2つも作ってくださいました。
しかも動きがあります。
バナーをはってくださる方、
どうぞ、こちらをお使いくださいマセ。



動物のお医者さん同盟動物のお医者さん同盟

BLOGS

LINKS
みなさまの足あと

なんとなく参加しているランキング
気が向いた時など
ぽちっとなしてください。

ペログサーチ
にほんブログ村 ペットブログへ


RSS1.0
Atom0.3
無料ブログ作成サービス JUGEM

このページの先頭へ