トイプードル ミゲルの発育手帖

わんこが家にやってくる1週間まえからの日々の記録です。わんこは無事に家に到着しました。

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

photo by スポンサードリンク

初めてのドッグラン


やっぱり一番ちびすけのミゲルです


ドッグランへ行ってきました。
近くにあるドッグランを調べてみると、
大型犬・小型犬で分かれているのは、
昭和記念公園ということがわかり、そこへ。



入り口で簡単なアンケートに答えて、
入ってみると、きれいに整備されていて、
アジリティの障害もあり、とっても楽しそうです。
(もちろん、ミゲルはどの障害もまったくできませんでした、笑)


ミゲルにとって、ノーリードというのは初めての経験。


大海原を見渡すミゲル





他のワンコと一緒に遊べるのかなぁと心配していると、
ワンちゃんがミゲルを誘いにきてくれました。



ミゲル、変な顔してますけど、これ、大はしゃぎです。



だんだんワンコの頭数も増えてきて、
一番上の写真のように大勢で遊び回ってました。
でも、ミゲルはそろそろ6ヶ月というのに、
だんとつの小さい体です。
でも、小さい体をものともしないで、
ワンコ集団に向かっていく姿に、じ〜ん(親ばか)。
気が付けば、一度も、吠えたり鳴いたりしていませんでした。



最後は、お水をがぶがぶ飲んで、
とっても満喫した表情でした。
連れて行ってよかったです〜。




photo by miguel

台風後のお散歩


落ち葉をふみしめるミゲル




いつも寝ているミゲルが、今日は賑やかにしていたので
台風の影響がまだ心配なんだけどなぁ、と思いつつ
自転車に乗って公園へお散歩に行きました。

まだ青々とした葉っぱがいたるところに落ちていて
過ぎた台風の風すごさを思い起こさせますが、
ざぶりと洗った後のようなキレイな景色でした。




東京23区内でもこんなに緑あふれたところが!








嵐のことなんて全く考えてないミゲルです



photo by miguel

トリミングへ行ってきました


キリリときめているミゲ坊です



ミゲルは2回目のトリミングに行ってきました。
一回めはこちらでーす。

前回は帰ってきたらかなりスネていて大変でしたが、
随分慣れたようです。
でも、トリマーさんから「遊びたいさかりですね(笑)」とのお言葉が。

Σ( ̄ロ ̄lll)

大暴れしたようです。。。_| ̄|○ilili



ちびの間はテディベアカットにしようと思っているので
「前と同じで」とお願いしました。
前よりは、若干長めの仕上がりかな。

このふっとい足がお気に入りです。
毛を刈るとこの5分の一くらいの太さです。



ミゲルはお疲れ気味でよく寝てます。ヽ(=´▽`=)ノ

ミゲル 「はやく大きくなって憧れのテリアカットになりたいなぁ。むにゃむにゃ。。。」
photo by miguel

ぼさぼさミゲルつづく


ぼさぼさ加減をお洋服でごまかしてます


昨日、東京では、突然ものすごい雨が降りました。
一時間に100mmだとか。
夜中にNHKではニュースを緊急で放送していて、
家の近くのローカルな地名ばかりが出ていてびっくりしました。
あるマンションの1階が胸のあたりまで水につかって、
救助作業が行われていたり、停電があったり。
でも、不思議と家のあるあたりは大丈夫なようなので、
ちょっとドキドキしながらも、
そのまま、ぐーぐー寝てしまいました。

朝起きると雨はほとんど降っていないので
予約していたミゲルのトリミングへ、
揚々と出発!

ところが〜
そこに電話が。

なんと、トリミングをお願いする動物病院さんから
昨日の雨で水の被害に遭われたと連絡が。
トリミングは明日に再調整してくださいました。

きっと、病院では昨日の夜から雨足をみながらとても大変だったんだなぁと思います。
お泊りしているワンコ、にゃんこ達も、無事でありますように。


明日、ミゲル、ようやく”ぼさぼさ”から”さわやか〜”になります(*'-'*)

photo by miguel

おもちゃ、どうしてます?



私が読んだわんこのしつけ本には、「おもちゃは犬に与えたままにしないように」と書いてあることがほとんどでした。
でも、ミゲルにおもちゃを与えていないと、
やることないのか
いつも寝ています。もしくは、コードをかじったり。

ソニー創業者の井深大さんの著書「幼稚園では遅すぎる」は人間の育児書なんですが、
子どもがいなく生まれる予定も今のところない私が
たまたま手にとって読んでも非常に面白いものでした。
小学生のときなど、優秀な子はたいした努力をしていないのにいつも成績はトップ、ダメな子はいくらがり勉しても結果は変わらないのはなぜか、
ということに、遺伝ではなく、幼児期の環境によるものだ、と結論づけています。

ちょっとわき道にそれましたが、
その中に、「整理されすぎた部屋は子どもの成長を妨げる」とあります。
部屋に置いてある色々な物による刺激が脳の発育を促進する、というような内容です。

ミゲルは犬ですし、もう赤ちゃんでもないのですが、
大きい家具ばかりに囲まれていて、私がかまっていない時は
ほんとにすることありません。(こういうもんなのかな?)
で、音が出るおもちゃや、お気に入りトップのおもちゃ以外を
おもちゃ箱にいれて、ミゲルが取り出せるようにしてます。

でも、わんこのしつけの本は
・おもちゃに飽きる
・楽しいことの主導権は飼い主にあるように認識させる
の2点から、おもちゃを渡したままにしないようにと書いてあります。

うぅ〜ん、たいして悩むことではないのかもしれませんが
皆さん、どうしてらっしゃいます〜?
photo by miguel

カメラ目線のワザ



友人から、
「写真をとるとき、ワンコの注意をこっちに向ける方法があるよ。」と。

友人「『ホーッ』って言うの。」


「そんな簡単〜???」
疑い半分でやってみると




すごい威力です!
息を吸い込んで、
「ホーッ」

高音で響かせるように発声すると、
ミゲル、おもちゃに夢中になっていても、
飛び上がって

ええっっっ、何ですと?

と動きを止めます。


でも、あまりにも威力がすごく、
次の瞬間突進してきて、
おもいっきり飛びつかれ、私の口を舐めようと必死になります。

へ、変な脳内物質が出ているみたい。。。



のしかかっているミゲル

ミゲルが前足を乗せているのは、太い私のフトモモです。


ぜひお試しください。ヾ(=^▽^=)ノ



また、この間、吉祥寺のカフェでフリーペーパーを何気なく眺めていたら
”ワンコの写真をとるコツ”が掲載されてました。

動きが激しいワンコは、狭いところにのせて写真を撮ると
ポーズが決まりやすい、とのことです。

ということで、このの写真は
ミゲル、ソファーにのっています。



でも、そろそろ降りたくなったみたい。
photo by miguel

ミゲルと吠え声


ひっくり返されて耳の中を乾燥中のミゲルです



ミゲル、トイレトレーニングの話でで飼い主に
だめっぷりを広く知らしめられてしまったので、
たまにはちょっとミゲルのいいところを。

ミゲルまったく吠えません。
マンション住まいなので、とても助かってます。
(たまには思いっきり吠えたいのかな?)
同じマンションには、
私が飼い主だったら、ちょっと胃が痛くなるかも、というくらい
吠えてるワンコもいるので、この点はとても助かっています。
(犬好きには気にならないんですけど、キライな人はちょっとツラい頻度かも)

先日も、遊びに来た友人が、
「ほんとに、どんな音を聞いても吠えないね、どうしつけたの?」と。

たしかに、チャイムの音、雷、救急車、ほかのワンコの声、等々、なんでも平気です。

トイプードルの”ムダ吠えが少ない”ということも、飼うことを決めた理由の一つだったんですが、
確かに、家に来た時から、まったく吠えなかった。
(きっと、ペットショップさんが、いい躾をしていたんだと思います。
別のペットショップに行った時は、思いっきり吠えてるワンコがいたので。)


だから、このまま、ほとんど吠えることがないようにしよう!と
気遣った点はこんな感じです。

1.吠えたり鳴いたりしても無視
2.チャイムが鳴っても5秒以上経ってから反応する
(わんこは3秒ぐらいまでしか、前の出来事と関連づけられないそうなので)
3.救急車や雷の音は、聞こえてきても、何事もないように振舞う


簡単ですけど、努めて徹底したせいか、
一番騒ぎそうな「ケージから出して〜」の時も吠えません
ただ、立ちあがって、だま〜ってこっちをみてます。
(逆に、声もなく立ってると、烈火のごとく怒っているような気がして、
ちょっと恐い(?)ですけど、笑)

ちょっと大人になって(もう5ヶ月過ぎました)
落ち着いてきたので、この状態をさらに根付かせたいです。

しかし、番犬にはならないなぁ〜、まったく。
どんな人にでもしっぽふりふりで、よっていくので。



ひっくり返されたミゲルの全身はこんな姿です。

photo by miguel

ミゲルとプレゼント


毛がぼさぼさになって、目が遠くに見えるミゲルです。


うちに遊びに来てくれるお客さまは、ワンコ好きそうでないにかかわらず、
ありがたいことにミゲルにプレゼントをくださいます。
今日はそんな”いただきもの”をご紹介。


上の写真は、簡単に装着できるカウボウイ風バンダナです。

ミゲル「オイラさぁ茶色でしょう?カウボウイとか赤とかって
すっごく似合うと思うんだよねぇ。どう?」


金具でカチッて留める方式。
迷子になっても大丈夫なようにネームプレートもついています。
ただ、惜しい!
リードを引っ掛けるところがないのでお散歩はちょっと無理です。
お客さまが来た時に、よそいきカラーとして着替えてます。






つづいて”おやつ”。
こうみえて、しゃぶることができる、直径3cmぐらいのボールです。
色とりどりで鮮やか!編みこんであるなんて、手がこんでる!
ころころ転がって、ミゲルも楽しそうです。
でもミゲルはまだちょっとマヌケなので、
おやつって事がいまいちわからないみたい。
ボールとして楽しんでます。






ベーコンのおもちゃです。
22cmと、ミゲルのおもちゃの中でダントツで大きいサイズです。
端と端をひっぱりっこすると30cmに伸びます。
このおやつのすごいところは、
ベーコンの匂いがすること!
不思議〜。
匂いも長続きしています。






テニスボールです。
普通のテニスボール?
と思ったら、変な転がり方を。

な、なんと


裏に・・・



顔がついてました!!!
(ミゲルがぼろぼろにしてますけど)




この口におやつを入れるみたいです。

すごい機能だ〜。そしてすごい顔!口が波打ってるぅ〜!



ミゲル、愛想がとってもいいので、(人大好き)
みなさまへのお礼は、ばっちりです。
しっぽふりふりで寄っていき、ぺろぺろと舐めます。
営業をさせたら、すごい才能を発揮するかも?!
photo by miguel

ミゲルと広がる世界(ミゲルのトイレ事情)2


ミゲル テラスのりらっくすチェアにて

(くわえているのはオーストラリアの動物園でもらったクリップ式コアラです)




ミゲルのトイレトレーニングのつづきです。
(1はこちら

ミゲル、そんなこんなで、家中(?)でおトイレしていました。
もちろん、うんちをし始めたらあわててケージまで持っていく、
ということをしても、ピンとこないみたい。

でも、小さな変化が。

お散歩に行きだすと、家の中であたりかまわずするのが
しっくりこなくなったみたいなんです。

ミゲル、赤ちゃんのころから見てて思ったのは、
キレイ好き!
どうも、自分の生活範囲(遊んだり寝たりするところ)では
おトイレをしたくない、と思ってるようなそぶりが。


ペットショップにいた頃はとても小さなカゴに入ってました。

そして家にきて、ケージの生活になって、一気に4倍の広さに!
ケージの中では、ミゲルはベットが自分の生活範囲のようで、
隣に置いてあるトイレシートでしっかり用を足していました。

少し大きくなって、次はケージの外にも出られるように。
ミゲルの生活範囲はケージの中、ケージの外が、ミゲルにとってのお外になったみたいなんです。だから、お家の中なのに、いろんなところでしてしまう(涙)と。

また成長してこんどは、家から、戸外にでるように。
そうすると、ミゲルの生活範囲は家の中になり、お外は本当のお外の世界、という認識になったようです。


ここ段階で、
お家のなかでトイレするのもどうかね〜?
とミゲルが思ったかどうかは分かりませんが、見てるとなんとなくそんな様子。

もじもじしているミゲルに、
ケージの前まで行って「ぴーぴー」(トイレの合図)をすると
ほぼ、おしっこ、うんちをしてくれるようになりました。

ミゲルの場合、納得(もしくは理解)しないということ聞いてくれないようです。
ミゲルにとっての「お外とは?」がキーポイントのようです。


ただ、ミゲルには最大の弱点が。
ミゲル、ホテルから帰ってきて、無類の寂しがりに。
どこにいくにでもついてきます。おフロにまで!
おトイレに行きたくなっても、家族が他の部屋にいると、
その部屋の一番すみっこでおトイレをしてしまいます(大泣き)

なので、そろそろしそうだな?と思う頃に
ケージまでつれていって上げて、
  ぴーぴーぴー

知らん顔しているときは、
少し走らせて(胃腸を刺激して)、また
  ぴーぴーぴー


こんな手で、とりあえずはなんとか失敗無し記録の日々が続くようになりました。

ミゲル全自動トイレ機能付

にはやくなってほしいです〜。

photo by miguel

ミゲルと広がる世界(ミゲルのトイレ事情)1


助手席のミゲル−一心不乱に景色を見てます


8月後半に入り、急に忙しくなってなかなかPCに向かえなかったのですが
気が付いたらもう最後の更新から10日経ってましたw( ̄Д ̄;)w
心配してくださった方、申し訳ありませんm(_ _)m


さて、最近進展が見られた
ミゲルのトイレトレーニングについてです。

ミゲルが来た頃にもらったアドバイスに従って、
家に来た日からトレーニングスタートしました。
このときミゲル、ちょうど3ヶ月です。


*トレーニング方法* 
ワンコを1日のほとんどをケージの中で過ごさせ、
トイレシートの上で上手くおトイレができたら
ごほうびとして
外に出してあげて思いっきり遊んであげる。(5分程度)
遊び終わったらまたケージへ
期間は1ヶ月程度続ける

トイレシートの上でトイレをしたら、
いいことがある!との刷り込みをきっちりする
というのがこの方法のミソです。
また同時に
この頃は、成長するための十分な睡眠が必要で、
あまりかまい過ぎないようにする、との目的もあります。

ポイントは、トイレをした3秒以内に思いっきり褒めて
外に出してあげること、だそうです。
5秒経つとわんこは前の行動と関連付けることができないとのことで。

このトレーニングで1ヶ月たつ頃には、
わんこは出してもらいたくて、
数滴でもおしっこをしぼりだしたりするそうです。
そうなると、ケージからだしたままの生活にしても
離れたところから
ケージのトイレシートに行ってトイレをするようになり
トレーニング完了です。
また、たとえば車の中などでも、トイレシートを捜して、そこでおトイレをする
と、凄い効果だとか。


ミゲルもこの方法でトレーニングしていました。
ミゲルの習得度はものすごく早くて、
ケージに入れたらすぐ、トイレシートの上だけで用を足すように。
(この段階で失敗するワンコも多いそうです)

なので、半月はやく外に出す生活に。


ところが!

外に出してみると
まったく、ケージに戻ってトイレをする気配なし。
あっちこっちでします。

この現象を聞いてみると、
刷り込みが足りない、とのことです。
またケージの中で、トレーニングをして
刷り込みを強力にする必要がある、と。


ミゲル、またケージ生活へ



しかし、私に迷いがあったため、
徹底できませんでした。

理由 ミゲル社会化期?
この頃ミゲルは生後4ヶ月が近づいていました。
社会化期の終わりが近づいてきています。
この社会化期は好奇心が旺盛で、なんでも怖がらずどんどん突進していくので
いろんなものに慣れさせるといいとのことでした。
社会化期が終わると、個性(?)が出てきて、
それまで何でもなかったものが急に怖くなって近寄らなくなったりするらしいです。
ミゲルが刺激の少ないケージで1日の大半を過ごすのは、
今後を考えるとあまりいいことではないのでは?
と考えてしまって。。。
確かに、トイレはしっかり覚えるかもしれないけど、
一方で、社会性が身につかないわんこになったら???


そして、元のケージ生活に戻すことができず

         ・
         ・
         ・


ミゲル、結局トイレ覚えませんでした〜!ヽ(;´Д`)ノ



2へつづく
photo by miguel

blog information

>> Latest Photos
>> Recent Comments
>> Recent Trackback
>> Links
<< 2 / 7 >>


好評記事
PROFILE ミゲル/miguel
miguel
 -犬-
name: ミゲル
birthday: 2005.3.20
color: ブラウン
weight: 1.28kg
がつがつ食べるよ!
ぴょんぴょん走るよ!
ぐうぐう寝るよ!
 -人-
ワンコの来る日を待ちわびてました。でれでれです。
ミゲルのボス(候補)として日々精進しています。


ご連絡はこちらmiguel_hyper@hotmail.co.jp
まで〜

このblogはリンクフリーです。
なんとやっちんさん
バナーを2つも作ってくださいました。
しかも動きがあります。
バナーをはってくださる方、
どうぞ、こちらをお使いくださいマセ。



動物のお医者さん同盟動物のお医者さん同盟

BLOGS

LINKS
みなさまの足あと

なんとなく参加しているランキング
気が向いた時など
ぽちっとなしてください。

ペログサーチ
にほんブログ村 ペットブログへ


RSS1.0
Atom0.3
無料ブログ作成サービス JUGEM

このページの先頭へ