トイプードル ミゲルの発育手帖

わんこが家にやってくる1週間まえからの日々の記録です。わんこは無事に家に到着しました。

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

photo by スポンサードリンク

ミゲルと広がる世界(ミゲルのトイレ事情)2


ミゲル テラスのりらっくすチェアにて

(くわえているのはオーストラリアの動物園でもらったクリップ式コアラです)




ミゲルのトイレトレーニングのつづきです。
(1はこちら

ミゲル、そんなこんなで、家中(?)でおトイレしていました。
もちろん、うんちをし始めたらあわててケージまで持っていく、
ということをしても、ピンとこないみたい。

でも、小さな変化が。

お散歩に行きだすと、家の中であたりかまわずするのが
しっくりこなくなったみたいなんです。

ミゲル、赤ちゃんのころから見てて思ったのは、
キレイ好き!
どうも、自分の生活範囲(遊んだり寝たりするところ)では
おトイレをしたくない、と思ってるようなそぶりが。


ペットショップにいた頃はとても小さなカゴに入ってました。

そして家にきて、ケージの生活になって、一気に4倍の広さに!
ケージの中では、ミゲルはベットが自分の生活範囲のようで、
隣に置いてあるトイレシートでしっかり用を足していました。

少し大きくなって、次はケージの外にも出られるように。
ミゲルの生活範囲はケージの中、ケージの外が、ミゲルにとってのお外になったみたいなんです。だから、お家の中なのに、いろんなところでしてしまう(涙)と。

また成長してこんどは、家から、戸外にでるように。
そうすると、ミゲルの生活範囲は家の中になり、お外は本当のお外の世界、という認識になったようです。


ここ段階で、
お家のなかでトイレするのもどうかね〜?
とミゲルが思ったかどうかは分かりませんが、見てるとなんとなくそんな様子。

もじもじしているミゲルに、
ケージの前まで行って「ぴーぴー」(トイレの合図)をすると
ほぼ、おしっこ、うんちをしてくれるようになりました。

ミゲルの場合、納得(もしくは理解)しないということ聞いてくれないようです。
ミゲルにとっての「お外とは?」がキーポイントのようです。


ただ、ミゲルには最大の弱点が。
ミゲル、ホテルから帰ってきて、無類の寂しがりに。
どこにいくにでもついてきます。おフロにまで!
おトイレに行きたくなっても、家族が他の部屋にいると、
その部屋の一番すみっこでおトイレをしてしまいます(大泣き)

なので、そろそろしそうだな?と思う頃に
ケージまでつれていって上げて、
  ぴーぴーぴー

知らん顔しているときは、
少し走らせて(胃腸を刺激して)、また
  ぴーぴーぴー


こんな手で、とりあえずはなんとか失敗無し記録の日々が続くようになりました。

ミゲル全自動トイレ機能付

にはやくなってほしいです〜。

photo by miguel

ミゲルと広がる世界(ミゲルのトイレ事情)1


助手席のミゲル−一心不乱に景色を見てます


8月後半に入り、急に忙しくなってなかなかPCに向かえなかったのですが
気が付いたらもう最後の更新から10日経ってましたw( ̄Д ̄;)w
心配してくださった方、申し訳ありませんm(_ _)m


さて、最近進展が見られた
ミゲルのトイレトレーニングについてです。

ミゲルが来た頃にもらったアドバイスに従って、
家に来た日からトレーニングスタートしました。
このときミゲル、ちょうど3ヶ月です。


*トレーニング方法* 
ワンコを1日のほとんどをケージの中で過ごさせ、
トイレシートの上で上手くおトイレができたら
ごほうびとして
外に出してあげて思いっきり遊んであげる。(5分程度)
遊び終わったらまたケージへ
期間は1ヶ月程度続ける

トイレシートの上でトイレをしたら、
いいことがある!との刷り込みをきっちりする
というのがこの方法のミソです。
また同時に
この頃は、成長するための十分な睡眠が必要で、
あまりかまい過ぎないようにする、との目的もあります。

ポイントは、トイレをした3秒以内に思いっきり褒めて
外に出してあげること、だそうです。
5秒経つとわんこは前の行動と関連付けることができないとのことで。

このトレーニングで1ヶ月たつ頃には、
わんこは出してもらいたくて、
数滴でもおしっこをしぼりだしたりするそうです。
そうなると、ケージからだしたままの生活にしても
離れたところから
ケージのトイレシートに行ってトイレをするようになり
トレーニング完了です。
また、たとえば車の中などでも、トイレシートを捜して、そこでおトイレをする
と、凄い効果だとか。


ミゲルもこの方法でトレーニングしていました。
ミゲルの習得度はものすごく早くて、
ケージに入れたらすぐ、トイレシートの上だけで用を足すように。
(この段階で失敗するワンコも多いそうです)

なので、半月はやく外に出す生活に。


ところが!

外に出してみると
まったく、ケージに戻ってトイレをする気配なし。
あっちこっちでします。

この現象を聞いてみると、
刷り込みが足りない、とのことです。
またケージの中で、トレーニングをして
刷り込みを強力にする必要がある、と。


ミゲル、またケージ生活へ



しかし、私に迷いがあったため、
徹底できませんでした。

理由 ミゲル社会化期?
この頃ミゲルは生後4ヶ月が近づいていました。
社会化期の終わりが近づいてきています。
この社会化期は好奇心が旺盛で、なんでも怖がらずどんどん突進していくので
いろんなものに慣れさせるといいとのことでした。
社会化期が終わると、個性(?)が出てきて、
それまで何でもなかったものが急に怖くなって近寄らなくなったりするらしいです。
ミゲルが刺激の少ないケージで1日の大半を過ごすのは、
今後を考えるとあまりいいことではないのでは?
と考えてしまって。。。
確かに、トイレはしっかり覚えるかもしれないけど、
一方で、社会性が身につかないわんこになったら???


そして、元のケージ生活に戻すことができず

         ・
         ・
         ・


ミゲル、結局トイレ覚えませんでした〜!ヽ(;´Д`)ノ



2へつづく
photo by miguel

ミゲルのバージョンダウン


だっこされて、甘えまくりのミゲル



昨日の記事に書いた「ミゲルのバージョンダウン」、
みなさま気にかけて下さってありがとうございます。
10日間のホテル暮らしから帰ってきたミゲルは・・・・・


と、その前に今回のミゲルを預けたペットホテルは
ミゲルと会ったペットショップさんなんです。
家に来る前に住んでいた(?)ので匂いなどを覚えていると思うし、
とても管理がしっかりしているし、
むしろ、うちにいるより環境はいいのではないかと考えていたんですが・・・





なんと、ミゲル、

一人で夜、眠れなくなってしまいました!!!(号泣)







夜、ひとりぽっちになちゃった、と思い付いたら、

ミゲル「くわっ、くわっ、くわぁぁぁぁぁん!わほぉぉぉん、
ぶふぉっ、きゃぁぁぁぁん、きゃぁぁぁぁぁぁん!!!!!
(一晩つづく)」




吠えまくりです。



>ペットショップさん「とっても頭のいいコですね!
>ぜんぜん鳴きませんでしたよ。」

何をもっておっしゃいました?
(たぶん、夜ひとりになった時以外は全く鳴かないからかな?)



ワンコが鳴くこと、もしくは夜鳴きに対しては
完全に無視すること、と
しつけの本にも、ワンコの飼育を専門的に学んだ知人からもきいています。


実践してみると・・・



家族全員、ほぼ徹夜状態。
この連日の暑さで睡眠ほぼ「0」だと、
昼間に道で行き倒れそうになるほど辛いです。



_| ̄|○ilili




くじけました。




鳴きつづけるのは、体調が悪いからかな?と考えたのですが、
お医者さまも大丈夫だろうと言うし、ひょっとして、

「さみしかったの?」


(咳は、吠えすぎでのどがカラカラになったからか!)



とりあえず、次の晩は、あまり良くないことと聞きながらも、
そばで寝かせることに。(とりあえず、人間達が寝たい!)

リビングからベッドルームまで
ミゲルの家ごともってきました。
ミゲルのケージはなんと車輪がついているのです!
セットにあるから付けてみた車輪がこんなに役立つとは。


大移動です。
ミゲルは、まさかハウスが動くとは思いもよらず、あたふたしてます。



そしてこの晩は・・・。

ミゲル、朝までぐっすり。一回も鳴きません。
私の目覚ましでミゲル起きました。


やっぱり寂しかったのかなぁぁぁぁ。
ミゲル、ほんとうにごめんね。



この次の日は、一日、外出を控えるようにしてなるべく一緒に過ごし、
寝る時は大好きなゴングをケージに入れてみて、
鳴かないようなのでいつものリビングで一人で寝かしました。

ミゲル、一人で寝れました〜。
朝の4時までは。

この後は、一緒に近くで寝ました。

すこしづつ、またミゲル一人で眠れるようにしていきたいとおもいます。
車の旅は大変だったかもしれないけど、
一緒に連れて行けばよかったと、
m(_ _"m)深く反省してます。。。







photo by miguel

ミゲル風邪をひく???


私だけでなく、この地域一帯の寝不足を引き起こしたミゲル


ミゲルのおかげで、昨晩ほとんど眠れませんでした。
ほとんど鳴かないミゲルが、夜鳴き?と思える程、鳴きっぱなし。
見に行くと、鳴きながら、ぐふぉとか、かっとか、咳をしています。
一晩中鳴くのでとうとう近所迷惑をおもんばかって
お散歩に連れていきました。このとき朝の4時!

元気にてくてくあるいているんですが、
なんか、鼻をすすっています。

風邪かなぁ。
まぁ、様子を見てみよう


ところが、しばらくしていつものごとく
ネットで「犬の風邪」について調べてみると

犬は風邪をひかない、とのこと。
(猫はひくそうです)
---------------------------------------------------------
獣医さんのスタンス
http://www.wahpes.co.jp/untruth/10004.html
http://homepage3.nifty.com/elfaro/zakkan/zakkan-8.htm
ブリーダーさんの「犬の風邪」という症状の考え方
http://1-tomo.com/contents/topics/topics_040317.htm
---------------------------------------------------------

なので、人間の風邪のような症状をみせたら、
すぐに獣医さんのところへいくこと、とあります。

食欲もあるので、重大なことになってないといいんですけど・・・。
ちょうどフィラリアのお薬の時期なので、
飲んで大丈夫であればこれをもらいにも。


・・・・・

そして、病院から帰ってきました。
なんか、いやな予感はしたんですが、
やっぱり、ミゲル、
病院の時間が近づくと元気に!
お医者さまのまえじゃ、咳どころか、
鼻水1滴もすすりません。

お医者も診断のしようがなく、
咳がひどくなるようだったら ケンネルコフ症候群の可能性があるので
すぐ来てくださいとのこと。

こんな調子なので、フィラリアのお薬をいただいて
すごすご帰ってきました。
しかし、帰りの車の中では鼻をすすってる!!!



静養中のミゲル氏
 (相棒のクマが打ち捨てられているのがものがなしいです)

−確かにいつもよりはよくねているんだよなぁ。


photo by miguel

ミゲルと音楽


(台風一過、涼しげ和風グッツを探してきて、
玄関に飾ってみました)


犬の聴覚は、人間のよりも優れているとよく聞きますが、
数値的には、人の16000ヘルツに対し、38000ヘルツまで感知可能とのことです。
人が聞くことができない超音波がわかる、らしいです。
猟犬はひと山は超えたところからの犬笛(超音波を使用)が聞こえるとか。
聴覚の豆知識

まぁ、難しそうな話は置いておいて、気になるのが、
耳に関連して、犬は音楽を聴くの?
です。

聴覚が発達している犬に音楽を聴かせるとどんな反応が?
とミゲルを迎えるまで、ずっと気になっていました。

というのは、
こちらの本を読んでいたからです。

『雨はコーラが飲めない』江国香織


「雨(江国さんの飼っているアメリカン・コッカスパニエルです:miguel注)と私はよく一緒に音楽を聴く。どうしてかというと、雨は犬で、私は人間なので、一緒にできることがあまりないから。雨は本が読めないし、私は牛のハイを乾かしたものなんか噛めない。音楽なら一緒に聴くことができる。」

とあり、ふたりは、クイーン、スティング、スウィングアウトシスターズなどを聴きながら、日々を独特のスタイルで送っていることが垣間見れます。
たとえば、白い小さいつるバラが風で惜しげもなく散らされているのをふたりで眺めたり、たとえば、ふたりで絵本を読んで、(雨くんが)深い満足そうなため息をついたり。

ミゲルがくるまでは、まさか、と思いながら読んでいた部分も、
今は、もしかしたら、と。
わんこは私が思っているよりも
随分ものごとを分かっているのかもしれません。


でも、ミゲルは家のスピーカから流れてくる音楽に、一向に反応がない。。。
そういもんかなぁ、とあきらめかけていたところ、
今日、突然
遊んでいた動きを止め、スピーカの音に耳をすましています。


もしや音楽を聴いてる?



その時流れていたのはこちらの音楽でした。

-------------------------------------------------------
ラン・ローラ・ラン サウンドトラック 
8曲目:Somebody Has To Pay
テクノです
高速運転時にぴったり!
気が付いたら、160km/hでてしまいます(*^.^*)
-------------------------------------------------------


てっきり、高い音に反応するのかとおもったら、

導入部の、ずちゃ、ずずちゃちゃ、

のベースの音にぴくんときたみたいです。


よくみるとミゲル、
かすかに、首を上下させてる?!


と思ったら、
私が縦揺れしてて
視界が上下しているだけでした(照)。




photo by miguel

ミゲル落ちる




ミゲルが、テーブルのいすから転がり落ちました。
前足から前転をするように落ちていったのですが、
高さは50cmほどなので無事に済むとは思えません。
案の定、一人で歩こうとすると、
べたん
と全身床についてしまいます。
力をいれて、立ち上がろうとすると、左後足を床につくところで

きゃ〜ん、きゃ〜ん

と鳴いて、またフセのような姿勢になってしまいます。

泡を食ったわたしが、
あわてて抱きかかえると、
足が地面に着かない状態になるせいか
泣き止みます。
でも、再び床に立たせようとすると、
また立てなくて鳴いてしまいます。

もう、おろおろしてしまって、
すぐさま病院へ電話しました。
(今日はたまたま午前中休診だということも忘れて)

そうすると
「(この間注射を打っていただいた)院長先生は
午後から出勤なので、
今痛がっていないのであれば
午後院長先生に見てもらったほうがいい」とのことです。
「もちろん現在痛がっているようであれば、今から診ます」
とも言っていただいたのですが。。。

うぅ〜ん。

ためしに寝かせてみると、
ぐったり気味ではありますが
声にはしっかり反応するし、
まず、表情がいつもとあまり変わりません。
痛がって鳴くこともありません。

「じゃぁ、午後にうかがいます」

と電話を切って、
時間がすぎるのを待ちました。

      ・
      ・
      ・

しばらくたって
昼寝からミゲルは起きたとき、
なんと歩いています。
どことなく弱弱しいですが、
徐々に走り始めました。

「? 
病院へいかなくてもいいのかな?」

とも思ったのですが、
念のため、行くことにしました。

(こういう時に限って、車を修理にだしているので、
ついでに、電車&バストレーニングもしてしまおう!
という欲も出しちゃったのですが・・・(・・。)ゞ )



病院へついて
先生に診ていただくと、
「吐き気もないし、足も使ってるし、大丈夫ですよ。」とのことでした。

なるほど、頭を打って、危険な状態も考えられたのか!
うっかりしてました。
どうやら、前足から落ちたのが良かったみたいです。

ふぅ〜。
走り始めた様子を見た時、
大丈夫かな、と思ったのですが
やっぱり、診ていただいて安心できました〜。


ちなみに、ミゲルは電車、バス、一回も鳴かず、
いい子にしていました。
あまりにも静かだったので、
キャリーバックの中をちょっと覗いてみると・・・。





ミゲル、仰向けにお腹全開で寝てました!



こ、心、全開かい!

・・・あなた、やっぱり大丈夫だったのね。



photo by miguel

ワンちゃん夏ばて予報

ようやくミゲルがお散歩に出るようになったので、
にわかに重要になってきたのが
こちらの情報です。

ワンちゃん夏ばて予報




時間ごとにわんこの夏ばて度を
「厳重警戒」「警戒」「注意」「ほぼ安全」に折れ線グラフで表示してあります。

フムフム・・・。

これによると今日は、

朝のお散歩は 5時、
夕方のお散歩は 22時が望ましいってことですか!

ム、ムリです。。。 _| ̄|○ilili



かおりさん、情報ありがとうございました=^▽^=)
photo by miguel

ミゲルとコマンド

まだ、早いのかもしれませんが、
一緒に遊んで喜ぶということをしたくて、
簡単なコマンドを練習しています。


1.アイコンタクト



2.おっちゃんこ(おすわり)



3.ハウス



4.フセ
・・・。




1からはじめて、3.のハウスまではなんとかマスターし、
今、4のフセを練習しています。

参考にしている”しつけ”の本には、
6ヶ月くらいから「オスワリ」などの指示語を学ばせる、
とあるので、
なんとなくでもできたら上出来、
というスタンスで進めています。


これまで4つ練習していますが
一番、ミゲルにとって難しかったのは、
「ハウス」のようです。

「ハウスっ」というと、おすわり(!)をしてしまう、
というのが一番多い間違え方でした。

もしかしたら、言葉を聞き分ける働きがまだ十分に発達していないのか、
それとも、私の発音の仕方が曖昧なのか。。。


しばらくの間ミゲルは、
どうやら状況で、判断しているようでした。

”ケージの近く”で何か指示語を言われた
 → ミゲル: うーん「ハウス」かな。

”ケージが見えないところ”で何か指示語を言われた
 → ミゲル: うん?「おすわり」かな。いいや座っとけ。

こんないい加減さでも、毎日繰り返していると、
だんだん理解してきたようで、
今では、ケージから遠く離れていても、
「ハウス!」というと、
どどどどど
という足音とともにケージに向かって走っていきます。
(おそるべき、おやつへの執念)









それから、ミゲルのフセ。




あってますか?
こんな、背中にマントつけて飛んでいきそうな姿勢でいいんですか?
(左があたまです。)


また、練習の後のお昼寝では、
いつもは横向きなのに
今日はこんな風に寝てました。
(左があたまです。
ベットのフチとフチのかけ橋のような姿勢にのけぞりました。)



夢でも、「フセ」の練習しているんでしょうか。。。




photo by miguel

新動物占い

新動物占いというものがあるらしく、
人間向けですが、私のパートナー、ミゲルを占ってみました。
犬であるミゲルは一体どんな動物なのか!
こちらで占うことができます。


ミゲルさん、







「あなたは情熱的な羊です。」

(じ、情熱的な羊?!)


<あ な た は ど ん な 男 性>
あなたは外見上は存在感のある、若干神経質
とさえ感じさせるところもあります。

(? だから、しばしば下痢になるのでしょうか。)


<あ な た の 本 質>
どんなに追いつめれ、困ったときでも食べる
物や着る物に不自由することはありません。

(た、たしかに。どんなにイタズラをしてコッピドク叱られても、
ご飯、おもちゃ、お洋服、欠かされたことがありません、
いいなぁ、おぃ)

<恋   愛>
激情型の恋愛をしばしばしますが、相手が振
り向かなければ、あっさりと身を引くのも早
くそれが、かえってプレイボーイに見られる
ことがあります。

(まだ、3ヶ月のミゲルですが、大人になったら、
まさにこんなタイプになりそうです。
目に浮かぶようだぁぁぁぁぁぁ)



と、まぁこんな感じです(一部を抜粋してます)。
皆さんの愛ワンコ、愛にゃんこはいかがですか?
よかったら占ってみてください〜。



   犬の毛皮を被ってる情熱的な羊




(す、すみません、えらくくだらない記事で、汗)
photo by miguel

くまったクセ

ミゲルは、ケージから出してくれ〜と主張するとき、
こんな風になります。(足の関節に悪いそうなのでハラハラなんですが)






色が色だけに、
トイプードル定番のテディベアみたい♪
というよりも
人に襲いかかるクマみたい♪
という様子です。
首のところに白い月のマークでも隠してそうです。


こんなスゴいニュースが紹介されてます。
ドアをノックして人を騙すことを覚えたクマ

ミゲルもそのうちケージの扉をノックするかも?( ̄Д ̄;)
photo by miguel

blog information

>> Latest Photos
>> Recent Comments
>> Recent Trackback
>> Links
<< 2 / 4 >>


好評記事
PROFILE ミゲル/miguel
miguel
 -犬-
name: ミゲル
birthday: 2005.3.20
color: ブラウン
weight: 1.28kg
がつがつ食べるよ!
ぴょんぴょん走るよ!
ぐうぐう寝るよ!
 -人-
ワンコの来る日を待ちわびてました。でれでれです。
ミゲルのボス(候補)として日々精進しています。


ご連絡はこちらmiguel_hyper@hotmail.co.jp
まで〜

このblogはリンクフリーです。
なんとやっちんさん
バナーを2つも作ってくださいました。
しかも動きがあります。
バナーをはってくださる方、
どうぞ、こちらをお使いくださいマセ。



動物のお医者さん同盟動物のお医者さん同盟

BLOGS

LINKS
みなさまの足あと

なんとなく参加しているランキング
気が向いた時など
ぽちっとなしてください。

ペログサーチ
にほんブログ村 ペットブログへ


RSS1.0
Atom0.3
無料ブログ作成サービス JUGEM

このページの先頭へ